算命学のムック 2011年最新号

算命学のムックの最新版、買ってきました。占いの解説部分は、以前に発行されたのとたぶん同じようですが、対談記事は新しくなっていて今回の顔ぶれは、酒井順子さん、槇村さとるさん、鳩山幸さん、というラインナップです。

***

『負け犬の遠吠え』で有名な酒井順子さん。チャートと命式を覗いてみました。乙女天体てんこ盛りの方らしく、優れた観察眼から生まれるエッセイは読者の「それ!そうなのよ!」という痛快なキモチよさにつながってると思います。

日干が丁だし、辛辣なところもあるのは文筆業向きですね。もともと大半会をお持ちなので、運気のスケールが大きな方でしょうし、宿命の生月中殺なので、いわゆる普通といわれるような、模範的結婚生活は向いてらっしゃらない。『負け犬』上等、『負け犬』万歳!です^^

ちなみに『負け犬の遠吠え』が売れた年は、大運で車騎&天将が回っていて、さらに年運で車騎&天南が回っていたようです。いわゆる一般的な「名誉」や「受賞」に縁があるのは牽牛星が回る時と言われますが、『負け犬』的な内容のベストセラーは社会の正統派の牽牛星ではなく、車騎星の年回りにぴったりだったのかもしれません。(車騎星は、『偏官』でもあります。正統派ではない。それが故に勢いがあって強い!みたいに考えるとよいのではないかと)

なんといっても強烈だったのは鳩山幸さん。なんとなんと「天南星天禄星天将星」の3つの身強の星がそろい踏みです。さらに中心星は我が道を行く貫索星。すごい。堂々たる自己主張や存在感の裏付けを感じます。そんな彼女に対して、いかにも古典的な価値観で「控えめな女性の美徳」を求めてもぜんぜん彼女の良さは生きないですよね。ご自身の個性をはっきりと打ち出せば、他者からの評価や好き嫌いは大きく割れる。でもそんなことはものともせずに強い個性を発揮
なさっていることこそが、彼女の魅力なのでしょう。また、宝塚の出身だったり料理評論家としての顔は、東の鳳閣星っぽいし、不思議大好きなのは、間違いなく南の調舒星のなせる技でしょう。



クロワッサン特別編集 最新版「鬼谷算命学」中森 じゅあん
(マガジンハウスムック)


長所も短所も合わせて自分をよく知る→それを生かして次に進む!(できれば時期もみたほうがいいけどねー) なにやるにしても結局それしかないと思うのですが…

「ないものはない!」とはっきり言い切るのは東洋の占いの特徴かもしれません。正直言って最初はちょっとショック受けることもあるかもしれないけど、きちんと説明を受ければ納得できます。 ※「親運がなかった」→よかったですね! とか、「たくさん苦労した」→よかったですね!というケースがたくさんあります。

占いなぞの力を借りなくても、自力できちんとそうした心的作業を為している方はたくさんいらしゃるし、質のいいカウンセリングでも可能ですし、時間の流れがいつか問題を解決するかもしれない。

困ったとき、どんな道を選ぶかも人それぞれ。そんな気がするきょうこのごろです。
関連記事
2011/11/28(月)
算命学

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top