12/10 皆既月食

師走に入りました。きゅうにずいぶん寒くなりました。

127日からは子(ね)がはじまります。太陽太陰暦では、最も日が短くなる冬至の日を含む=11=子とされます。太陽が照る時間が最も短いのが冬至、つまり陰の極まる時。そこからまた陽が増えていく、と考えます。

冬至の日から売られる「一陽来復」のお守りは有名ですね。→★

さてさて。光が隠れる、の話が転じます。ご存知でしょうか?月食や日食は、約半年に1回起こります。来週金曜夜、日本の広い範囲で皆既月食が観測できるそうです。晴れるといいですね~! 土曜の夜11時半くらいという好条件なので、ぜひぜひ観測してみたいものです。

○2011年12月10日 皆既月食 →★

そして。覚えてらっしゃいますか?2009年7月22日には、皆既日食フィーバーもありましたね。来年2012年5月21日には、金環日食が観測できるとのこと!

○2012年5月21日 金環食=金環日食 →★

来週の月食は、月が双子、太陽が射手の配置です。そして来年の金環食は、太陽も月も双子で起こります。月食や日食が、ご自分のどこのハウスで起こるかをみると、どんな分野で影響がありそうなのか予想もできますね。今回の月食は、ちょうどこの半年くらいに手がけてきたことの結果が出るような時期です。

双子サインに天体盛り盛りの私自身は、その影響をひしひしとすでに感じています。おかげさまで、思いがけないチャンスのお話を頂きました。来年は年明け早々から飛ばしていきますよっ。どうぞお楽しみに!

関連記事
2011/12/01(木)
天文現象

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top