『立春大吉』 壬辰/2012年

もうすぐ春が来るよ。

立春大吉

寒くなれば、必ずそのうち暖かくなる。
暑くなれば、必ずそのうち涼しくなる。
繰り返す。繰り返す。常に呼吸をするように。

立春大吉(1)

いまは苦しくても、必ずそのうち良くなる。
いまは絶好調でも、いつかは必ず失速する。
繰り返す。繰り返す。常に呼吸をするように。

立春大吉

それぞれの持ち場で、それぞれに懸命に生きていたなら、いつか地下で水が集まって、ひとつの大きな地下水の流れになって、いつか大きな海に注いで、雨になり霧になり、いつかどこかで出会うときが来るかもしれない。自分の意思なんてあるようで、大きな目で見たらないんだ。個人も最後には結局、大きな流れの一滴なんだよ。

…と海王星がどこかでそっと囁きかけてくるみたい。
ゆっくりのときも、勢いよく走るときも、どちらもだいじ。
みんなにとって、それぞれますます良い年になりますよう。

壬辰年 2012年2月4日 天海玉紀


関連記事
2012/02/04(土)
陰陽五行

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top