子育てに生かす算命学☆

子育てネタって、私はまったく外野から見てるだけでありますが、「同じ兄弟でもどうしてこう違うの~?!」とか「まったく何を考えてるのか全然わからない~!」とかみなさんがあれこれお悩みになられているのはよーくわかります。

「みんな違ってみんないい!」と心から理解出来るようになるのは、占い(特に誕生日を用いる命術)を学ぶ大きな収穫のひとつです。お子さんを育てるときにも、役立つ知見はいろいろあるでしょう。

例えば、西洋占星術だとこんな本があります。西洋占星術の中でも、子供時代に重要な天体(水星)を特に大きく取り上げてわかりやすくイラスト満載で解説してくれます。自分のあたりまえ!は必ずしもお子さんにとっては当たり前じゃなかったりするわけで。そのあたり再認識できるかもしれません。


まついなつきのムーンチャイルド占星術
親子の相性がわかると子育てが楽になる!


西洋占星術では、人間の発達時期を年齢域で分類して、幼児から小学生くらいまでを「(素の自分を形成する時期)」→「水星(基本的学習期)」で分類しています。(思春期は金星期ですね~) 一般的に流通している占いの太陽星座だけではわからない特徴や仕組みがわかると、きっと良い参考になると思います。

さらにずばーっ!とはっきりした方針が示されるのは東洋の占いです。算命学では、単に星の配列を見るだけでなく、その人が育った環境を重視します。厳しく育てたほうがいい子はそれなりに、保護的に育てたほうがいい子はそのように、それぞれ与えるべき環境は異なります。幼少期の育て方の方針や環境が、のちのちの人生にまで大きく影響を及ぼしますので、わかることはできるだけわかっておいたほうがいい。いちど観てもらっておいて決して損は無いはずです。

といっても、占いって、盲目的に信じてついていくものじゃなくって、天気予報みたいにあらかじめ知って、参考にしていくものです。雨が降るなら傘を持ち、晴れそうなら遠出を計画したりするように。地図や目的地の様子をあらかじめチェックしたり、そんなかんじ。みなさまによりよく占いを役立てて頂ければと願って止みません!!!

関連記事
2012/02/24(金)
算命学

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top