『占いの謎』

世間で占いといえば、たいてい「怪しい・妖しい」と相場が決まってます。しかしながら、それは別に占いに限ったことではなくて、ちょっと歴史を遡ってみれば、宗教家や治療師や技術者や芸能者などの特殊技能者はみな、普通の人には扱えない事象を扱う不思議な能力を持つ人々として見られていたはずです。

生と死、魂の領域、日常と非日常、そうした異なる世界の間には、ふだんはきちんと線が引かれていて、簡単には行き来できないようにされているのに、そうした特殊技能者たちは、ごく日常的な意識や常識が支配する世界と、わけのわからない不可思議な世界の合間を行き来するような、不思議な存在だとみなされていたことでしょう。

日常や常識の確固たる世界と、そこでのルールが通用しない不可視の世界と、そのちょうど合間の「あわい」にはグラデーション状の境界線があります。そして、境界は常に妖しい魅力に溢れています。そんな妖しげな世界を、より知的に客観的に、誰もが理解できる形で記述して、まとめようとする試みは世界中にたくさんありますね。
難しい本はいろいろあるけど、最近読んでおもしろかった本はこれ。


『占いの謎~いまも流行るそのわけ』


「占いとはなにか?」という疑問を、文化人類学の視点から考察。著者は「日本の迷信(俗信)を文化人類学の知見からとらえなおす作業をしている」とのことで、古今東西の占術やら、言い伝えなどが幅広くバランスよく網羅されています。(紹介部分と、考察部分が分かれているので、どちらかだけ読むこともできそう)

なんといいますか「私はいつ結婚出来ますか?」とか「どうやったらお金持ちになれますか?」的に占いを使うのではなく、「そもそも占いとは何ぞや?」なーんって考えずにはいられないような習性をお持ちの方々(同類諸氏!)にお勧めです。

この本の一連の論の中で、著者は自らを「占いを信じる者ではなく観察者として」とわざわざ明記しながらも、「意外と迷信家です」などのプチ矛盾も正直に告白したりもしながら記述を進めている点が、非常に興味深く感じられます。著者自ら認めているとおり、占いに対する知的な興味だけではなく、占いや迷信(俗信)の世界に、理屈では説明出来ない不思議な魅力を著者自身も感じているのでしょう。

「占いをべったりと全部信じるのはちょっと抵抗がある。でもやっぱりちょっと気になる。当たってることもあるし」「未来が全部決まっているのなら、努力なんてする意味ない。だから私は占いなんか信じない。でもときどき不安になる」世の中ではきっと、例えばこんな風なかんじかな。

なんとなく占いや見えない世界に惹き付けられる気分は、少なからぬ人の心の中にあるではないでしょうか。なぜなんでしょうね。なぜ多くの人は占いに惹かれたり、逆に妙な嫌悪感を抱いたりするのでしょうか。私は小さい頃からずーっとそのことを心のどこかで考えています。

+++ +++ +++
占いは、いったい、何をしようとしているのだろうか。それはひとことで言えば、世界の秩序化である。われわれ人間は、世界を、偶然の積み重なり、デタラメで、なんの法則も秩序もないものとしてとらえたくないのだ。世界を、なんらかの法則に支配された秩序あるものとみなしたいのだ。(p.185)
+++ +++ +++

なるほど。そうね。そうかもしれませんね。人生がなんの迷いも無く平穏に流れているときには、通常の人は
占いなぞにあまり興味を示さないものです。なにかあったときに「なぜこうなったの?」「私の人生の意味は?」とか問いたくなったりなんかするときに、占いに関心が向く人は少なくないでしょう。(まぁもともとそういうのが好きな人は別でしょうけど)

+++ +++ +++
占いは、バラバラで、一貫性がなく、その場限りとしか思えない過去、現在、未来の出来事、人生、性格などを、たがいに関連づけられたものとして、一つの統一体として見ることを可能にする視点を与えるのだと考えられる。(p.199)
+++ +++ +++

ふむふむ。これをもっと狭く類型化して誰にでも扱いやすいようにしちゃったりなんかすると、「人間が12タイプに分類できるはずはない!」といった鉄板ばりばりの批判を呼ぶわけですね。なるほど。わかりますw

+++ +++ +++
世界が偶然の寄せ集めととらえられることに気づいたとき、そういう偶然性を、なんとか必然性へと読みかえようとするこころみ、その一つが占いなのではないだろうか。われわれの人生、また世界に起きることに、理由や根拠をあたえ、世界を秩序づけられたものとしてみることを、占いはおこなおうとしているのだと考えられるのである。(~中略~)おそらく、このあとも、どんなに科学が進歩しようと、占いに頼る人がいなくなることはないだ
ろう。(p.216)
+++ +++ +++

ふむふむ。その読み取りは特殊技術が必要になるから、そこに職業者としての占い師の需要が生じる、と言えますね。そして、占い師が一種の語り部なのだとしたら、そこには当然、語り手としての占い師の個性やフィルターのクセが大きく反映されます。さらに、受け手との相性や、受け手の求める要素も千差万別。どうせだったら自分と相性が良くて、信頼出来る語り部と巡り会えるたらラッキーですね。

そして、人任せにするだけでなく、自ら境界の向こう側を探索してみたい!とお考えの方々もいらっしゃるでしょう。(何を隠そう、私も昔からそう願っていた一人です)占いのロジックを学ぶことで、よりエキサイティングで主体的に自らかかわる形で、摩訶不思議な境界の世界を自分で探検できるようになります。

とはいえ、いくら探検したところで、すべてを知り尽くすことなんて永遠にできっこない。でも、惹きつけられるんです。なんて、魅惑的な。なんて妖しい誘惑なんでしょう。だから占いはやめられない。。。

関連記事
2012/03/31(土)
ブックレビュー

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top