嵐の晩に… 2012年太陽回帰の日

ただいま日本列島を台風通過中ですね。きょうはお足元の悪い中、わざわざお立ち寄りくださったみなさま、ありがとうございました。それぞれのますますのご活躍をお祈り申し上げます!
2012年6月19日カップのナイト

トナカイ出勤前、きょうの1枚は『カップのナイト』でした。(毎回見事にコートカードと大アルカナばかりが正位置で出ます!)

うむむ。。。 そうか。きょうもカップか。。。やはりきょうも、「カップ=水=気持ち」がテーマなのか…
※ カップのカードは、「感情」にまつわるあれこれを象徴します。

きょうの鑑定、すでに毎回おなじみの「天将星」テーマが続きました。でも、西洋占星術の観点から見れば、蟹サインが強い方、魚火星、蠍土星などなど、いかにも水テーマが共通して流れていました。

「水=感情=やさしい」って、通常は翻訳されるけど、水も多すぎると激しくなりますね。そう。きょうの大嵐みたいに。蟹座プロ(!)である、まついなつき先生が以前、「水だからやさしい、なーんてのは単純すぎる読み方で、水もあまり多くなると、なんでも押し流しちゃうよね。あっはっは~♪」なーんってお話なさっていたのがとても印象的です。

んなわけで、外は大嵐ですなぁ~…豊かな水はありがたいけど、あまり多すぎるのも扱いが大変です…

基本的に私は風サイン(理性を象徴)が強いキャラクターでして、水(感情)の取り扱いはど下手、、、です。(水サインで持ってる天体は、蠍木星だけ…)

でもね、先日、ビット先生にこう言われてはっとしたんですよ…「心の中ではカップのクイーンみたいに受容的なのに、実際の役割はソードのキングで、理性でばっさばっさ切り分けていく人ですね」… だそうです。そうか… そうだったのか…orz

こないだ三上牧先生に「たまきさんは、もっとご自分の女性性を全開にするといいね!」と、あかる~く言われたときとおんなじくらい効きました。。。orz

たぶん私が占い師業をしているのは、きっとそういう、なにかこう理屈では説明がつかないような摩訶不思議な人間の心の不思議を学ぶため、なのかもしれません。

さてさて。おかげさまでワタクシ、明日6月20日でアラフォー誕生日です。さらに、きょうから明日へ、ちょうど日付が変わったとたんに双子28度での新月の日、でございます。(この新月は私にはちょうどネイタル太陽コンジャンクション。ソーラーリターン図もわかりやす~く派手派手だった~^^;;;)

おそらく、とても印象深い年になることと予想しています。せっかくなので、みなさんとともにこの派手派手な1年を楽しく過ごしていきたいとあれこれ考えております。これからもますます精進する所存にて。今後ともどうぞご愛顧賜りますよう、お願いいたします。

天海玉紀拝

関連記事
2012/06/19(火)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top