A gigantic tent(巨大なテント)〜サビアンシンボルって?

さて。もともとの予定+想定外の予定+新しい予定も次々と生まれ、9月以降の秋には、また新しいさまざまなチャレンジや実現させたい企画がたーくさんあります。それらをひとつずつ、より良い形で実現化するべく、水面下で泳ぎまくってます。(なかなかハデハデしい展開になりそうであるよ)秋の文化祭よろしく、イベントなんかもやっちゃうよ〜♪

…と、そんな話を友人に熱苦しく語ったところ、こう言われました。「たまきさんのMCは『巨大なテント』だよね。まさに『興行師』ってかんじで、イベント企画はぴったり!」

えええ??? おおお!そうだった。ワタシのMCは、魚座18度『A gigantic tent』そうでした。自分では全く忘れてた…(笑 (10ハウスからっぽ…)鋭いご指摘アリガトウゴザイマス。

サーカスのテントみたいに、つまり外界から隔離された異空間、特殊空間で盛り上がったり不思議な体験を呼び起こす、みたいな展開はワタシ大好きだ。で、自らそういう場を作ることに憧れているから、どうもイベント好きなのかもしれません…^^;

過去イベント 其の壱(2011秋/ぴよてぃ)⇒★
過去イベント 其の弐(2012新春/東洋マジシャンズ鑑定会)⇒★

解説1: MCというのはホロスコープの1番上のめだつところで、その人の社会的な立場や看板みたいなのを示します。例えばワタシのMCは魚座なので、魚座的な癒しやよくわかんないアヤシイ仕事が似合いますね、と読まれます。ただし、これは人から見られる姿なので、自分自身の好みや意志とは違う場合が多々あります。

解説2:友人が『巨大なテント』と言ったのは、サビアンシンボル。サビアンシンボルというのは、占星術の新しい手法の一つで、360°全部に謎めいたミステリアスな詩文が配当されていて、その意味や解釈を用いるリーディングです。

例えばワタシは、太陽は双子28°『破産宣告された男』(人生を途中でひっくり返して大きく転換する)でございます。(あたり!)月は牡牛19°『新しく形成される大陸』(なんか…深いところから、な〜んか出てくるんですよ。よくわかんないけど、なんか…)

ご自分のホロスコープの天体の度数がおわかりになる方は、リストを見ながら、ご自分の天体に対応する詩文を調べてみてもいいですね。(度数は切り上げて数えます。例えば、0.13°だったら、1°です!)

ただし、サビアンの中には、一見ネガティブに見えるフレーズも多々含まれます。でも、大切なのは全体の流れです。「わるい」シンボルはどれひとつありませんので、どうぞくれぐれもぱっと見の字面だけに囚われませぬよう!

〜参考〜 サビアンシンボル一覧(松村潔のサビアン占星術)⇒★

関連記事
2012/08/11(土)
西洋占星術

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top