カップの5〜素直に感情を表に出してもいい場面もあると思うのです〜

きのうの出勤前の1枚。どん。

2012年8月21日カップの5

ぬお〜。カップの5であった。一般的には、カップの5のイメージってのは、これ。どん。

カップ5(ライダー版)

「がっかり」「しょんぼり」的な絵柄ですね。あらら。。。うむ。。。しかしこれは私ががっかりするんじゃなくって、きっと傷ついたり、がっかりしたり、溢れる気持ちを聞いて欲しいお客様方がお見えになるんだな〜…と予測。(はい。そのとおりでした)

※ カップ=気持ちなので、自分の気持ちを受け入れられたり、共感しあえることをカップは好みます。しかーし、5の意味は、発散や放出なので、カップの意味と5の意味とはかみ合わない⇒一見ネガティブな絵柄と解釈になる、って理解でよろしいのではないかと思います。

よく見ると、倒れて中身がこぼれてしまったカップは3つ。背後にはまだ無事な2つのカップがありますよね。冒頭に載せた写真のデッキ(レベレーション/Revelation タロット)でも、正位置では3つのカップが手から離れ、逆位置では2つのカップを手にした女性像が描かれています。

泣きたい時は、思い切って泣けばいいじゃないか。全て希望が失われたような気がする時でも、ふと見ればまだ無傷のカップが手元にはきっとあるのですよ。そんなことをいろいろ考えさせられる日でした。

ええ。そしてきのうは、子丑天中殺&天将星祭りでしたよ。子丑天中殺は初代運であり自力運の人たち。一見楚々として「うふふ♪」とか笑っていても、その底力は強力!「やだ〜。ワタシは楽をしたいんです〜♪」は似合いませんぞよ。みなさまのますますのご活躍をお祈りしています☆

夜はひさびさに双子座シスターズが集まっての会合でした♪(四女さんは残念ながら欠席で、3人だったのよ〜)

双子座生まれ四姉妹の宴 ⇒★
続編◇サターンリターンに思いを馳せる(其の弐) ⇒★

2012年8月21日ブラッスリーグー

神楽坂のブラッスリー・グー/Brasserie Gus へ♪ ⇒★
何を頼んでもボリューミーでとっても美味しゅうございました!

とても印象的だったのは、次女さん三女さんのお二人が、私のブログをしっかりチェックしてくれていて、ご自分たちの出生図の10天体とアセン、MCのサビアンシンボルをぜーんぶリストにしてご持参なさってくれたことでしたよ〜! おおお。なんとも感動的でした。はやっ。びっくり驚き&嬉しかったです!さっすが双子的好奇心ですね〜^^

さらに不思議なことに、このお二人は出生のは蟹サインにあり、なーんと同じ度数であった!「蟹20 セレナーデを歌うゴンドラ乗り」Gondoliers in a serenade お〜。ロマンチックだな〜。二人に似合うな〜と思いました。実際の意味としてはこんな感じらしい。そうなのか〜。〜日々繰り返される当たり前の同じような流れの中で、深い満足感を感じることができる。平凡さがむしろ力強さになる〜 みたいな。

節制

ふふふ。そういえば、お二人のタロット展開したら、それぞれ「節制」のカードが出たのにも激しく納得…ということかもしれないね…(「中庸」「繰り返し」「節度」「規則正しく」そんなカードです)いつも可愛らしく、清く正しく美しいお二人なのでありました^^♪

関連記事
2012/08/22(水)
タロットカード

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top