ペンタクルスのクイーンの日

昨日の出勤前の1枚。どん。

2012年9月25日ペンタクルスのクイーンr

わ〜。ペンタクルスのクイーン(逆位置)であった。ここまで半年間、クイーンがしょっちゅうでるなぁ。そういえば、以前はこんな日もあったなぁ… 

『天将星を眺めるペンタクルスのクイーンの日』⇒★

ペンタクルス(コイン)は見てのまんま、お金や現実に関わるテーマにフォーカスするカードです。昨日の私は空き時間に、地味地味とお金の計算と事務作業とにひたすら明け暮れ、鑑定においで下さった方々とは、「労働ってなんだ? 自分の能力で稼ぐってどういうことなん?収入と満足度の相関ってどうよ?」みたいな生々しいお話が続く日でした。(うむむ。。。それは、ワタシ自身の長年にわたってのリアルなテーマでもあるからぁ〜)

「例えその事業がうまくいって大儲けしたところで、きっと自分は満足しないだろうと思うんです」(わっはっは。よくおわかりで^^p)なーんて率直なお話をしてくださるパワフルウーマンもいらした。そうだよね。本当にそれはおっしゃる通り。私もそう思います。

とはいえ、なんだかんだいってもお金を無視しては生きられないし、脳内妄想だけでなく、実際にやってみなきゃわからないことだらけ。現実世界で、そのあたりの折り合いをどうつけるのか、難しい問題だ。…とかなんとか考えていたら、こんな記事が舞い込んで来た。

『嫌いなヤツを味方につける』〜四十路のキモチ ⇒★

これを書いてらっしゃるともこさんは、昨年の暮れ頃「自分と家族のことをもっとより深く知るために算命学を学びたい」と、私宛に直々にリクエストを下さって、定期的に個人レッスンを続けて下さった。外見は楚々として上品な雰囲気の女性だけど、心の中は燃えるオンナ。鳳閣調舒がたくさんあるうえに、天南+天禄+天恍で、赤々と輝く星だらけのともこさん。それはそれは熱心で向上心にあふれた勉強っぷりでしたよ!

私自身、わざわざ私を指名してくださったことにびっくりしたり驚いたり。ワタシはもともと「教える」ということだけには慣れているけど、占いをお教えするのはなにせ初めて。なんとかそのご期待に応えるべく、ずいぶんたくさん自分でもひたすら勉強して研究して鍛えられ、とてもありがたい出会いと学びでした。(おかげで自分の想像よりずーっと早くグループレッスンなんかさせていただいておりますですよ…)

ともこさんは、ご自分の大きな目標を叶えるための第一歩として、思い切って新しい世界に飛び込んで修行を始めたところです。厳しい環境で負けずに頑張ってらっしゃる近況をときどき知らせてくださるのですが、潔くて凛々しい働きっぷりにつくづく頭が下がります。ともこさんの姿は、子育てが一段落した(しつつある)女性陣にとって(とくに強い星が多い方!)、ご自分の星と特性を知って新しい挑戦を始める先輩であり、ひとつの素敵なモデルケースになるだろうと思っています。

なんといいますか。。。(特に働くことに躊躇がある人宛ですが)仕事って、基本的には大変で苦しいことがほとんどで、だけどその大変さになんか意味を見いだせたり、割り切ったり、たまーにいいことがあったりするからやれるんじゃないかとおもってますよ。

思い通りにならないことが当然。たまに思ったよりもずっと凄いことが起こることもある。だからおもしろい。やめられないのよ。まー… ワタシが思ってるのは、そんなかんじです。あ。しっかし、ワタシもあつくるしく語るヤツよのぉ。。。

関連記事
2012/09/26(水)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top