魚座の季節〜Let Go

20130302-01.jpg

2013年3月5日(火)中野ブロードウェイ4F 占いのお店
『中野トナカイ』在席いたします。


算命学/西洋占星術/タロット/手相
◎ お試しコース10分 1000円
◎ 15分 2000円、30分 4000円、60分 7000円
  ご希望のお時間内でオーダーメイド対応

いまのところご予約ありません。お気軽に!(3/4 9時現在)

◎ 当日受付: 03-3387-4355(中野トナカイ)
当日来店の方も多いので、お電話頂けると確実です。
お待ちしております〜。

◎ 中野トナカイ以外での鑑定&レッスンご案内はこちら ⇒★

20130302-02.jpg

明日は啓蟄(けいちつ)。土の中に隠れていた虫や生き物たちが、地面に出て来る頃、つまり「そろそろ春だよ〜!」という意味。

啓蟄の日からは、卯月がはじまります。卯月は春分を含む月。卯は木性の陰の性質。方角は真東。卯は「冒」=門をあける、「茂」=生い茂るが語源と言われます。生命力が芽生え、旺盛に伸び始める若々しさに溢れるイメージ。(転じて、ふわふわ柔らかく多産なウサギが連想された?)

季節も、冷たい澄んだ空気から、春霞でもやがかかり、柔らかくふわふわした空気に変わり始める時と言えるでしょう。

西洋占星術では魚座の真っ盛りの時期。すべての境界を溶かし、善も悪も、白も黒も、生も死も、なにもかもが溶け合って、なんでもいいよ〜♪とすべて受け容れるような魚的世界には、このふわふわとした春の季節はぴったりなのかもしれません。

ま、でもこんな時期だからこそ!ってことで、ふだんなら絶対に買わないであろうこんなエッセンスを買ってみましたYO!

ヒマラヤンエンハンサーの「Let Go」であります。(とりあえずできること、やるだけのことはやっとる。あとはまぁ、なるようになるっしょ。 という気分になってきたよ。まじで^^:)

20130302-03.jpg

…とおもったら、藤井まほさんがこんな記事を書いてらっしゃるのを発見した〜〜〜! わぁ〜〜〜♪シンクロ〜〜〜っ☆

魚座の花エッセンス』 ⇒★

とりあえず、来週12日の魚座新月あたりまで、このぷわぷわ不思議浮遊感を存分に味わってみたいと思います。(温泉行きたいぞ…)

ふだんだったら絶対に思いつかないようなアイデアや、夢みたいな可能性をあれこれ拾い上げることができる時期ですし。実際に、思い切ってスタートして行くのは今月後半の牡羊祭り?!の時期からがよろしいような。

ギョギョギョ祭り@3月9日 中野トナカイ

さてさて。ということで魚座祭りのクライマックスはこれ!今週末、9日の中野トナカイでは、魚生まれの3人の凄腕占い師が集結する「ギョギョギョ祭り」も開催されますよ♪この日だけの特別不思議メニューが勢揃い。たのしみです〜〜〜^^


===

境界があいまいな魚世界について… 思いつきの補足。

※ オポジション(対向)となる乙女座のきっちり分別して整理整頓したい、実際的に役に立つ!という衝動にとっては、魚世界の混沌はなかなか受け入れ難いでしょうなぁ… と想像する。

※ 射手からみるとどうなんだろう? 魚と射手をお持ちだったら、どこまでもひろがる〜〜〜!ゆるい〜〜〜!感じになるよなぁ。しかし、広がりとゆるさの質は明らかに違うね。射手のほうが志向性、というか目標がありそうだ。(これ、要研究だ。聞いてみようっと)

※ 双子座要素の「なんでもあり」と魚座要素の「なんでもいい」も、これまた明らかに違って、これまた個人的に非常に悩ましい。

双子の「なんでもあり」は理性で切り分けられる個別性や違いがあることが前提の上での「なんでもあり」です。
だけど、魚的な世界での「違い?うーん、結局みんな同じだしね〜。なんでもいいよ〜」の前にあって、理性による分析や系統だった理論はあまりにも、あまりにも無力ですね…orz

関連記事
2013/03/04(月)
西洋占星術

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top