さくらんぼのおもひで。

2013年7月2日(火)中野ブロードウェイ4F 占いのお店
『中野トナカイ』在席いたします。

算命学/西洋占星術/手相/タロット(お試し10分1000円~)
事前予約はこちらから。 ⇒★
当日受付: 03-3387-4355(中野トナカイ)

空き状況(7月1日13時現在)
12:00〜14:00 15:00〜18:00(ご予約なければ17時台は不在かも)
※ AM不可。18時ご予約頂いたので17時台もご予約受付中。

2013-07-01.jpg

さくらんぼをたくさんもらった!!!
んま〜〜〜い♪ さくらんぼLOVE♪
しかし、、、さくらんぼには悲しいおもひでがあるよ。大昔、ワタシは、こう言った。

「ああ。いつかおなかいっぱいにさくらんぼをたくさん食べたい!」

でね、その願いはばっちり叶っちゃたんですよ。入院したんですよ。ちょうど6月末から7月のこの時期でしたよ。
お見舞いに来て下さった方々が、たくさんたくさんさくらんぼを持ってきて下さいました。ありがたかったです。
確かに、毎日さくらんぼをたくさん食べても食べきれなくて、周囲の人に差し上げるくらいにたくさんいただきました。。。

というわけで、願いは叶うんですよ。ははは。どういう形で叶うかは、、、わかんないですけどね。ですから、願い事をするときは、めったなことは言わないように。なにがおこるかわかりませんよ〜。はいっ。

おまけ。
陰転時代のおもひでばなし。
で、つらつらと思い出すに、ワタシはつくづくダメダメニンゲンな20代を送ったんですよね。陰転ですよ。陰転。超陰転。どんだけダメダメだったかを書くだけで、一週間以上はネタが持つなぁ… ホントにネタ切れの時に備えてちょっと考えとく。

そこにばしっ!とカツが入ったのが、ちょうど2001年でした。

鍼灸師免許とって1年たったけど、社会の中での最低限のお仕事にもなかなかありつけず、かといって、はいつくばって努力することもせず(そういう自分の甘えがいかんのよ。ダメ。ぜったい)、なんにもできないくせに、プライドばっかり高くって、それでいて実際の場面では、ぜんぜん使い物にならない自分。。。あああ。脳内自分像と、現実とのギャップに悶々としてた頃です。

(プライドなんて、煮ても焼いても食えませんよ!経験値と実績あってのプライドでございますよ。若気の至りのプライドなんて、ちゃんちゃらおかしーわ。自分、しっかりしろ。べしべし!)

そうなんです。実はこの年、私にはサターンリターンでした。当時のワタシ、占いは全然しなかったけど、だけど、今、ここで根性出さなかったら、絶対にこの先一生浮かばれることはない…という危機感と覚悟だけははっきりとありました。あたり…w

そんななかで、新橋にある大きな鍼灸治療院が、フルタイムで雇ってくれたんですよ。本当にラッキーだった。感謝してる。(すでに内定者がいたのに、わざわざワタシを取ってくれた)

まぁ、最初は大変でしたよね。私はマッサージもど下手くそで、体育会系の先輩に毎日毎日しごかれて、怒られて、雑用の嵐。朝は早い。夜は遅い。職場は狭い。逃げも隠れもできないし、立ち詰めで常に先輩と上司と患者さんの目に囲まれている状態。

院長は凄い人だけど、ありがちなことに非常に個性が強くって、次から次へととにかく要求のハードルが高くて、超絶鍛えられた。(労働環境も普通のお勤めとは比べ物にならない。でもそういうもんなので、ぼやいても仕方ないと思ったよ)

だって、初対面の人のからだをいきなり触って、半裸に近い状態にして(スマン…だってそうなんだもん)、尖ったモノを刺すのですよ。冷静に考えると、そうそう簡単にすぐできるようになるはずがないんですよね。

それでまた、少し仕事できるようになったら、今度は患者さんの中にぽーんと放り込まれる。新橋はオジサンの聖地。ありとあらゆるオジサンたちと接する機会がありましたよ。女性もいろんな人がいたなぁ。(占いとはまた違ったタイプのありとあらゆる人がやってくるし、吐露される様々な話もまた独特なんですけどね)

なんといいますか… そういう環境で、来る日も来る日も仕事しかしなかったのね。お金もないしさ。休みも無い。旅行とか夢のまた夢でしたよ。だけど、仕事経験値だけはものすごーーーくあがった。(まぁ、メタルスライムを倒しまくったみたいなもんかw)

だから、素の自分がどんなに具合が悪かろうが、気分が乗らなかろうが、そんなのぜーんぜん関係なく、にこにこして、手だけが勝手にどんどん動いて仕事してくれて、ふだん通りに患者さんと接することができる、素地ができた。こっそりトイレで吐いたり倒れたりしても、出てきたらもうにっこにこ♪みたいな〜。これは特技だね。うん ^^;

あとは、仕事してるときは、個人的な感情や好き嫌いはどっか行ってる。そういうのはほとんど死んでるかんじw
(だってさ、本当にくらくらするくらい体臭がきつい人とか、これはもう生理的に無理!って感じずにはいられないような人に対してだって、丁重に触れていかなきゃならんのよ。個人的な好き嫌いがあったら、全然仕事にならんじゃん。びっちりと予定が入ってるのに、きょうは具合が悪いし、なーんか気分が乗らないからやりたくないな、とか仕事してはダメじゃん)

だけど、それは「我慢する」というのとは全然違いますね。「この人と友達になるわけじゃない。付き合うわけじゃない。相手は困ってるから来てるので、自分のもってる職能を提供してなんか役に立つ、ってことがだいじ」ということだとおもふ。

みたいなかんじで、最初はどうしようもなくへなちょこだったワタクシの土星力は、それなりに鍛えられましたよ。しかしねーーー、、、 勤めてる時はまだまだ甘かったな。。。

いやはや。ちと長くなりました。つづきはまたあした。あ、明日になってもまだ覚えてたら、のはなしですけど〜

関連記事
2013/07/01(月)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top