北天の宝石〜アルビレオ

2013年7月9日(火)中野ブロードウェイ4F 占いのお店
『中野トナカイ』在席いたします。

算命学/西洋占星術/手相/タロット(お試し10分1000円~)
事前予約はこちら ⇒★
当日受付: 03-3387-4355(中野トナカイ)

空き状況(8日23時現在) 16:00〜17:00
※ 明日は17時で帰ります。ご了承ください m(_ _)m


2013-07-07-01.jpg

例年なら、七夕は梅雨の真っ最中で星空なんて望めないことがほとんどなのに、すでに梅雨明した今年は星が見えました。当日はライトダウンキャンペーン日でもあったそうです。

六本木ヒルズの屋上スカイデッキで開催された星空観望会に行ってきました!
東京タワーもこの日は早い時間から消灯しています。夏のちょっと煙ってもやがかかった空ですが、主要な星は結構ちゃんと見えました。

いちばん人気は、ベガとアルタイル。つまり織姫&彦星ペア=司禄星牽牛星ペア。であります。しかーーし、、、きょうのワタシのお目当ては別のところにありました。

2013-07-07-02.jpg

どどーーん。こういう天体望遠鏡が幾つか並んでいます。わくわくするなぁ〜〜〜♪

ワタシが観たかったのは、The 土星! でございました。順番が回って来た頃には、ちょうど雲がかかってしまい、、、諦めきれずにずーっとそのまま待って、ようやく見えました!

肉眼で観ると、明るい黄色い星、にしか見えない土星ですが、ちゃーーーんと、輪っかがありました!!!(大興奮!!!)いやはや。こんなにときめいたのはひさしぶりだ…wたぶん、びみょーに縞も見えたような気がします。約80倍の大きさに見えたそうですが、それでも小さかった。土星さん、遠くにあるんだなぁーーー… としみじみ。

(あんなにカッコいいけど、、、大昔から凶星扱いなんだよな。なんで昔の人は、そう思うようになったんだろう。ってか、土星に輪っかがあるって、いつからわかったんだろう。不思議だ。。。)

そしてもうひとついいことがあったのだ。はくちょう座のアルビレオまで見せてもらうことができました。
アルビレオという星は、二重星としてとても有名です。

=== 

Albireo.jpg
※ 写真はwikiから転載

天球上で最もコントラストの鮮やかな二重星の1つである(その美しさのため「北天の宝石」とも呼ばれ、宮沢賢治は「銀河鉄道の夜」でこの2つの星を、輪になって回るサファイアとトパーズになぞらえている。
===

と、wikiには書いてありますね〜。なるほど納得。レンズの中に、青い星と黄色っぽい星とがふたつ見えました。
これもまた綺麗でしたよ〜〜〜! 大興奮です。「アルビレオは二重星です」って知識で知ってるだけの状態と、ああやって実物を実際に観るのとではまったく違うわ。しみじみ。

アルビレオは、算命学での天恍星に例えられることもあります。わかるわ〜〜〜。妖しく美しい輝きは、天恍星の魔力ですね。

※ 以前こんなの書きました。
星に願いを~ Wish Upon A Star ⇒★
真夏の夜の夢~夏の星空探訪 ⇒★


関連記事
2013/07/08(月)
天文現象

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top