巨大動物の夢

2013-08-01.jpg

買ってきた若冲ポスターを部屋に貼った!ワタシの「巨大動物好き♪」は以前にも書いた気がするぞ〜。
このへんだ。たぶん ⇒★
恥をしのんで、my『十象図』をUPしたこともあるな〜。

小さい頃は「獣医さんになりたい」と言っていた気がする。あまりにも算数ができなくて、小学校低学年ですでに挫折したんですけどね。。。ええ。ニンゲンより、ドーブツが好きなんだな。ぼそり。。。

さてさて。この展覧会、夏休み中でもあるので子供向けの解説や演出も抜群でした。(で、そのわかりやすく平易な言葉での簡潔な解説が、オトナにもたいへんありがたかったりするわけです♪)

たとえば、こんなかんじ。「屏風は左右で一対なので、右と左の対比を味わってみよう!」みたいなことが書いてあるんです。

次に、白と黒。夏と冬。みたいなとってもわかりやすい対比の屏風が並んでいるので、おお〜〜〜!そうだったのか☆ と、なんとなーく感じてただけのことをしっかり確認できたようでなんだかとっても嬉しくなったりして^^

そのわかりやすい例のひとつがこちら。

2013-07-31.jpg

長沢芦雪『白象黒牛図屏風』 ⇒★

いや〜〜〜ん♪ 巨大動物絵画LOVE♪♪♪ 素敵〜〜〜☆
もう垂涎物の素敵な素敵な作品でございます!

2013-07-28-04.jpg

どどーん。でっかい丑。じゃなかった牛。
(変換で最初にでるのが丑、ってあたりが…w)

※ これは会場外に展示されている複製品です。現代の最高のデジタル技術で複製されたものだそうですよ。ものすごーく精巧にできてます!牛の毛並みとか、鼻息がふ〜〜〜って伝わって来そうです。なんというか、匂いがするんだよな。牛の。

2013-07-28-05.jpg

黒い牛と白い象。どちらも大きな動物ですが、黒と白。黒いカラスと白い子犬、といったようなコントラストがくっきりみてとれます。あーんど、大きい、小さい。身近な(牛)、想像上の(象はおそらく実際には見ないで描いてますよね)などなど、さまざまな対比が次々に思い浮かんできます。

00012730.jpg

これもまたすばらしかった〜〜〜!!!
ど迫力です。かなり大きい。この実物を観れただけでも感激。

『象と鯨図屏風』MIHO MUSEUM所蔵
※ 実物は屏風です。左右に鯨と象が向かい合ってる図

kujira-zou.jpg

白と黒のコントラストは、「陰」と「陽」の対比でもある。陰と陽は組み合わさってひとつなる。陰の中に陽があり、陽の中に陰がある。陰極まれば陽と也、陽極まれば陰となる。というかんじで、陰陽はどちらかだけでは存在できない。常に変化し続ける相対的な状態である、と、言われています。

もっとぶっちゃけてわかりやすくいえば、女とか男とか書類上は2種類しかないけど、いかにも柔らかくて陰っぽい男性もいるし、いかにも豪傑で陽っぽい女性もいるでしょ。それに、なよなよしてみえるような男性が、緊急時にはものすごくたくましく行動したり、きっぱり男前な女性がおたおたすることもあるでしょ。

ま、そういうかんじです。たのしいことがあればへこむことも当然ある。夜がくれば朝がくる。人気が出れば、いつかは廃る。それが世の常、ですね。

つづきは、、、
湿気でどろどろのあたまで書いたよ〜^^;;;


*** *** ***

陰も陽も変化し、どんどんかわる。流れていく。

確固たる「自分」とかどうしても死守すべき「現実」???そんなもの本当にあるの? 疑ってます。(うん。子供の頃から♪)

占いは役に立つんだけど、固定化した「自分」とか「運命」みたいなものを(占い手が信じてる価値観とかさ)強制的に押し付けるツールになってはいけないと思っています。

占い脳が進んで来ると、なんでもかんでも「あーそれは、月が××だから」とか「あのひとどうせ土星が××だから」とか、「あのひと××星だからそうなんだよ〜w」とか、それだけで終わりやすい。ついつい、そういう自動化した考え方になりやすい…(自戒含)

だけど、それは星のせいだけじゃない。
牛は象にはならないし、なれない。いまはね。しかーし、なんか大きくて気高い動物。どちらも。

わたしはあなたではないけど、わたしとあなたにはどこか同じようにつながっていたりもするわけで、どっちもどっちだ。形はかわる。気持ちもかわる。そんなにこだわってもなぁ。

jyakuchu.jpg

こんなに生き生きと輝いているいのちも、みんないつかしぬよ。
いつまでもおなじものはない。
だからこそ、こんなに輝いているのだろうと、おもうのです。


2013-07-28-03.jpg

福島県立美術館。明るく、瀟洒な雰囲気の素敵なところでした。
背後には、福島市のシンボル的存在である信夫山。

きちんと整えられた園内を歩いていると、なにげなく、表示がある。

" 芝生は除染されていますが、植え込みの中には線量が高い箇所
があるので、植え込みには立ち入らないで下さい " 

と。

2013-07-28-06.jpg

町のあちこちに立つのは、放射線量を表示する電光掲示パネル。

どこかに行くたびに、ここを故郷として、ここを住処として、
日々を暮らしている人たちがたくさんいる、と考える。

ふだん以上に、そのことを、幾度も幾度も考えている。
福島の町。

関連記事
2013/08/01(木)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top