11/19・11/26 『身強・身弱の研究 』 天海玉紀

※ 両日満席となりました。ありがとうございます (11/8)

算命学で言われる「身強」や「身弱」は、それぞれの個性を示す指標です。例えて言うなら、それぞれが搭載しているエンジンの特徴ですから、強くても弱くてもどちらが良いとか悪いではなく、一長一短をもつ個性の在り方で、それぞれに適材適所で生かす必要があります。

実際の鑑定では「若年期だけ天将星があるけど全く自覚出来ない」「中年期だけは弱い星なのに、若年期と老年期の星が強いのですが…」といった類いのご相談をお伺いすることも少なくありません。そのようなケースは「○○星がここにあればこう!」といった一般的なセオリーを適用するだけではすんなりとお答え出来ないケースがほとんどです。

そもそも「身強(身旺)、身弱」とはどういうことなのか? 命式全体の五行の配分をチェックしながら、身強(身旺)、身弱のロジックの仕組みを検証していきます。
※ 十干十二支の陰陽五行がわかる、以上の方向きです。


『身強・身弱の研究』

開催日時: 2013年11月19日(火) 10:00〜12:00(満席)
追加開催: 2013年11月26日(火) 10:00〜12:00(満席)

● 講師: 天海 玉紀
● 開催場所: 中野ブロードウェイ4F 中野トナカイ
● 受講費用: 5.000円
● 定員: 4〜5名

● お申込メールフォーム
http://www.tamayura.to/tamaki-amami/

*** *** ***

こちらもまだ募集中です。

11/5 『はじめての陰陽五行 (3) 』 天海玉紀
http://tamayura10.blog123.fc2.com/blog-entry-758.html

昨年の夏頃までは特に、鑑定にお越し下さるお客様がほとんどぜーーーーんぶ「天将星」または「身強」絡みの方だったと言っても過言ではありません。おかげさまでずいぶんたくさんの「天将星」持ちの方々と、いろんなお話をさせていただきました。(いわゆる「帝旺」とどう違うのか?というお話もしたことありましたよね。十二従星や十二運にとらわれず、純粋に日干の強さ、として考えるやり方も実用的でいいんですよね〜。とか、あれこれあれこれ!)

また、ご自身は身弱でも、御家族や周囲は身強だらけ、というケースも多いようにお見受けします。これはこれでなかなか大変です。身弱の方があちこち気を使ってご自分をすり減らしながら、身強の人たちとのうまい付き合い方を悩んでいらっしゃったりすることが少なくないようです。

いつのまにか、最近では、正真正銘の天将星関係(…としかいいようがないのです)のみなさまとのご縁は少なくなってきて、今年になってからは、いろいろバリエーションが増えました。ここのところは、特に宿命中殺生まれの方や、御家族が宿命中殺だらけ、といったみなさまからのご相談が多いです。

昨年中、来る日も来る日も、ひたすら身強身弱のことばかり考えていたときからのさまざまな発見、また違う角度からもいろいろと検証してみた内容など、少しずつ整理しているところです。ご興味お持ちの方、どうぞお気軽にお越し下さいませ。

● お申込メールフォーム
http://www.tamayura.to/tamaki-amami/

関連記事

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top