FC2ブログ

占いでお日取り、についてつらつらと考える。

来年入籍なさるカップルのお日取りオーダーを頂きまして、ここのところずっとあれこれ相談しつつ思案してます。
ああでもない、こうでもない、と見始めると止まらない…!まぁ、あたりまえといえばあたりまえなんですが、
えぶりしんぐはっぴ〜!素晴らしい!ってのはないのよね〜。

ご結婚生活で、なにをいちばんだいじにしたいですか?どういうご家庭を築きたいですか?ってところをいろいろヒアリングしてご本人方のご希望を地道にあぶりだしていくような作業を続けています。(お日取りそのもの以前に、こういうコンセプト作りは大切だね…)

そういえば、実はワタクシ、治療院を開業したのはばっちり自分の天中殺年にあたってるときでした。(2004年=甲申年)もともと、最初の1−2年は成り立たなくて当然、というつもりでいたし、平行してベンキョーしたりしてたからあんまり気にしたことはないんですけどね。

あとはー、普通の意味では、順風満帆とはとても言えないけど、とりあえずつぶれずにいままでやってきてる。そりゃ、華々しい大活躍とか売上げにはほど遠いけど、このくらいが分相応だよw(ワタシはもともと12ハウス人なのでね。とにかく儲けよう!手抜きして楽して儲けよう!という私利私欲ほど、自分を危険にさらすモノは無い!と自戒しているのですよ)

それに、キレイゴトと言われようともやっぱり言うけど、もともと治療院ってのは、そもそも無駄に過剰にリピートさせない、できるなら来ないで済むほうがいい、という暗黙の前提があってこそ、だとおもっています。(でも、そこんとこ踏み越えて依存させたり、囲い込んでるような治療者も世の中には多いと思うけどね!)

「いらっしゃいませ〜♪」「またのご来店をお待ちしてます〜♪」というお商売とはちと性質が異なるのであります。

はぁはぁ…(この話を始めると、1時間は熱弁をふるう。自粛!)

そういう自分の事情もあって、算命学やってるからって、一律になんでも「天中殺だからなにもかも新しいことはダメ!」という言い方にはかなり抵抗があったりしますよ。ケースバイケース。算命学理論がどうであっても、「天中殺が!」とか無駄に脅かすような言い方はしたくないんです。ワタシ個人の信条が。

開業当時は、別に占いとかぜんぜんする気もなく、イレクションなんて「はぁ?なにそれ?」状態だったので、当然お日取りなんてしないで、単純に現実的理由だけを勘案して決めました。でも、いまさら眺めてみると、結果的にホロスコープのチャート自体は私にあってるじゃん、とおもったりします…w

chart_200405170910.png
さくっとホロスコープ

蟹アセンで、支配星の月は10ハウスで牡牛水星と合だ。2ハウス木星とつながってるのも喜ばしかりけり。
太陽ノーアスだし、新月前ってのも、常識的に考えたらどうなの?ではあります。でも、事業じゃないしな。かんけーないね♪

そのおかげで、自分は死ぬほど働きつつ、好き勝手できたのね。…なーんて、しみじみ考えています。まだ辞められないか。。。

はい。おかげさまで忙しく暮らしていたので、ここ3年くらい治療院は新規の受付をしていませんでした。実のところ、2013年の年末で閉めよう!と考えてた時期もあった。とにかく忙しすぎて、身体ぼろぼろになってた時期が長くってねー。

ぶっちゃけ、治療してる私のほうが、あなたよりもずっと具合悪いよ…という状態が続くのはイヤでした。のべつまくなしに飛んでくる予約の依頼を断らざるをえないことが続くのもストレスでした…

そんなわけで、閉めるつもりで、新規予約を受付しなくなりました。というわけで、さすがに3年経つと、いろいろな入れ替わりがあって、空きが少しずつ増えてきました。(予定通り。気持ちが楽になった♪)

この年末でいったん閉めてリセットしようかと最後まで考えてたんだけど、、、少し気が変わった。
またしばらく新規の方をお引き受けすることにします。

関連記事
2013/12/01(日)
西洋占星術

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top