ヨタバナシ

ここ数日、ご結婚にまつわるご相談が続いてます。
いろんな人がいて、いろんな形がありますよね。

山羊シーズンだったからかな。昔ながらのフォーマットに従った結婚の形、に対するアンチテーゼみたいことをいろいろとみっちり話したし、常識的なフォーマットがあるからこその安定、という話もあれこれとしたような。
そろそろ水瓶に太陽が入りますね。すると、土星蠍とスクエアか〜。常識や歴史にとらわれない自由な形、フラットで公平な関係性を求めると、そんなことでいいのか?!他の誰ともかけがえのない思い入れとか情があってこその関係性だろう!って思いも寄らないところから鉄槌が飛んでくるかもね。うむ。いろいろじっくり腰を据えて考えてみるにはなかなかいい季節かもしれません。(重っ!!!)

*** *** *** ***

21日(火)15時台以外はまるっと空いてます。
(久々に午前中の鑑定も可能です。ご希望の際はご予約下さい)

※ ご予約・お問い合わせ ⇒★

1/28 夜 読み方セオリー基礎編 まだまだ募集中!
2/4 立春プチイベント講座もまだまだ募集中!
詳しくはこちらからご覧下さい。 ⇒★

2/11(祝)は、午前中 maruさんによる西洋占星術入門編 ⇒★
2/11(祝)ワタシも、13時〜20時まで座ります。
ふだんの火曜は難しいよ、というみなさまもぜひお立ち寄り下さい!

あとは完全なヨタバナシでございますよ。

日本中のサラリーマンの聖地=新橋の治療院でさんざん鍛えられたおかげで、自分で言うのもナンですが、私の「おじさん(中高年男性)」への対応力ってのはなかなかのものだとおもっています。中小企業のオーナー、大企業で重要な役職についてらっしゃる方、自営フリーランス、なにやってるか謎の人、退職後のおじさま、教育費や家のローンをずっしり背負ってる方、バブルの香りがまだ残ってるようなちゃらりーまん、いかにもコミュ障な若いホワイトワーカーさん、ガテン系の方々、なんかもういろいろだ。(しか〜し、こういうおじさん対応力って、通常の占い鑑定の仕事だとあんまり活かす機会が無いんだよな〜。ざんねん)

私の治療院にもう長らくいらしてる団塊世代の会社オーナーがいるのですが、この方は確か水瓶天体がいっぱいあって、調舒星が3つか4つある超毒舌系でいらっしゃいます。で、私がマッサージしてる最中にだいたい世間話を仕掛けてきます。それはまぁいいんだけど、ときどきなかなか厄介な話題を振ってくるんですよね。このときは、確かこんな話だったよ。

「きょう、あそこの角の駐車場の前で、自転車の前と後ろに子供を乗せた女性と、スーツ着ていかにもキャリアってかんじの女性とがぶつかって、にらみ合って、どちらも一歩も引かないで怒鳴り合ってましたよ〜。子持ち女性 vs 働く女性の戦いですな。オンナはコワいですなぁ〜〜〜はははは♪」

ふむむ〜〜〜。あるある。あるある!(2chぽいネタでもあるなw)
こういう話の振られ方、よくあるんですよ。
みなさまだったらどうお答えになります?

んー。たぶん、このとき私はこう答えたんじゃなかったかな。
「へーーー。大変ですねーーー。みんな余裕無いんでしょうねー。そんなに喧嘩しなくてもいいのにね。で、この話に対して私にどういうリアクションをお求めですかっ?にっこり♪」
アルコールでも入るような場だったら、また違った答え方もあるんでしょうけどね。

このオジさま、以前はワタクシに「なんで結婚しないのか。結婚しないニンゲンは半人前だ」みたいな講話(w)を延々としたあげく、自分の知りあいの未婚男性をなんとか紹介してどうにかしようと試みてくるなど、なかなか気合いの入った方なのであります。(さすがおっさん。めっちゃ根性あると思うわ〜〜〜^^;;;)

で、以前はこういうやりとりもしたものです。
「結婚しても、子供が生まれても、女性の活力をもっと活用しなくては!先生もはやく結婚して日本の人口を増やして下さい!」

(ふーん…さしずめきっときょうの新聞にそういう話題が出ていたのだろう…と、クールに聞いてるワタクシw このおじさま、むっちゃ昔気質の人ですから、ご自分の奥様が仕事するなんてとんでもない!というお考えの方です。奥様はものすごく聡明な美人です。たぶん、このオジさまは、女性と議論するのが好きなんだろうなぁ〜と想像しています。私は平気で男性と議論してやりこめたりするからね…w)

「ですよねー。人口問題大事ですよね〜。じゃあ、もし私が結婚してもしなくても子供が生まれたら、しばらくはこういう肉体労働はできないでしょうし、たぶんこうやっていままでと同じように夜の時間帯の仕事もできなくなると思うんですよ〜。子供が病気になったから、って急にご予約のキャンセルをお願いすることになったりするかもしれないしー。個人で開業してる鍼灸師としてはちょっともう立ち行かなくなりそうですね〜。もしそうなったときには、申し訳ないけど、ゴメンナサイね〜。」(このオジさまは、むっちゃ身体がデリケートで、他の治療院にいっても全然ダメで耐えられない!と私のところに戻ってくるような方なのだ…)

あっ。。。ENTER押したら投稿されちゃった。。。
もういいや。おしまい。
オチはありません。

水瓶過多のオジさまと、双子過多のワタクシの色気も素っ気も無い子供のチャンバラみたいな会話でした。(ぼんぼん燃える調舒星龍高星が水をぶっかけてるの図、とも言うw)こういうノリは嫌いじゃないですが、なんといってもいちおうお仕事中だからね〜〜〜。はっきりいって、こういう会話を毎回仕掛けられると非常にくたびれます。(風っぽいわちゃわちゃした会話はオンナトモダチとするのが最高だわ〜〜〜)

関連記事

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top