2014/01/21 しあわせは…

2014-01-22.jpg

ただの日記。
確定申告用の帳簿作りを始めました。
収入はつけてるけど、支出の帳簿は逐一つけてません。例年は、1年分のレシートを全部袋に詰め込んであるだけで、それを日付毎に仕分けして台紙に貼る⇒1年分の毎日の帳簿に起こしてました。(青色なので)はっきりいってカオス阿鼻叫喚状態(よいこはぜったいにまねしてはいけません)だったので、今年はレシート貼りだけは1ヶ月毎にやりました。(うそ。3ヶ月毎くらいだな)地味に「コピー代 260円」「売上げ 6000円」「打合せ 600円」とかひとつずつ入力してます。ようやく5月分までできた。右から左に同じものを打ち込む入力作業大嫌い。会計にオリジナリティはまったく不要ですね。というか百害あって一利無し。ううう。向いてない…才能ない…orz

きのうの中野トナカイ、ご予約も1件だけだし、資料作ったり事務作業するぞ〜!といろいろ持ち込んでやるきまんまんでしたが、結局飛び込み鑑定のお客樣方がいいタイミングでお越し下さったりして、あっというまに終わりました。遠くからわざわざお越し下さった方も、大きな転機をまえにリピートして下さった方も、ありがとうございました。

金星逆行中でしたね。結婚にまつわるご相談は、やはり昨日もばしばしと連打で続きました。申し合わせたように「本当にこの相手でいいのか」というかなりディープなテーマばかりでした。金星は逆行したあげくに、ご丁寧にもうすぐ冥王星と合するんでしたね。愛情、財産に関わることに徹底的にこだわらずにはいられない、というタイミングなのかもしれません。

どのカップルも、恋愛相性として拝見すると「わ〜。これはめちゃくちゃ惹き合うよね!縁ってすごいね」と感嘆するような組み合せばかりでした。そして、みなさん長い期間にわたって、かけがえのない深い関係性を築かれているとのお話なのだけれど、では結婚、となると、距離や環境の隔たりが大きかったり、家族の問題があったり、お金の問題があったり、どうしても譲れない夢や主張があったり、お互いの気持ちだけでは簡単に解決できない大きなハードルがある、という点も共通していました。冷静に考えると、このまま進んでもうまくいかないのではないか。別の道があるのではないか。でもここまで費やした時間や心の大きさを考えると簡単には撤退できない。べたべたな言い方をすれば、「好きな気持ちだけじゃ解決できないことっていっぱいあるよね〜…」といったかんじでしょうか。

ホロスコープだけ見て「わぁ!これは惹き合う!」と言うと、「じゃあ、この人は運命の人ですか?」とは毎回何度も聞かれました。そうだなぁ。。。「運命の人」ってなんなんだろう?どういう意味なんだろう?「運命的としかいいようのないような強い結びつきを感じられるお相手でしょうね」とは申し上げました。他にも読み取れることはいろいろと。(もし、明らかに不穏な印象を受けたら、それはそれで申し上げるけど、ここのところお目にかかった皆様からはそういうのは感じられなかった)

相性に限らずなんでも、「こういう相性です」とは言えるけど、それが「いい」のか「わるい」のかは一律には言えないんじゃないかな。いいか、わるいか、決めるのは他でもないご自分だし、いっけんよくてもわるいこともある。わるいことだとおもえても、あとからよかった!とおもえることもありますからね。「いい」と「わるい」で二分してやるかやらないか決める、というのは私はお勧めしてないです。(とかいうあたりを、みちみちと整理するお手伝いが私の仕事なのだらう)

なんにせよ、まずはなにより誰よりご自分をだいじにしてね! というのが、特にここしばらくおめにかかったみなさまへの心からのお願い、でした。
とくに… はらはら涙をこぼされていたり、内心を見せないようににこにこしていた水エレメントの強いみなさま、にこやかに冷静に振る舞ってらしたけど内心は動揺わらわらしていた柔軟宮の強いみなさま、くれぐれもそのあたりよろしくね!

で、トナカイ終わってからは、素敵な先輩と待ち合わせして、日付変わる前くらいまでノンストップでひたすら喋りっぱなし。いや〜〜〜、おもしろいのなんのって。なんであんなに喋ることあるんだろうなぁ… というくらいおもしろいのです。いや〜〜〜。どんなひととどんなことをしゃべってるかはひとこともここにはかけないぜ。はははw きのうは、ひゃ〜!それはすごい!という話をまたいくつも教えてもらった。おもしろかったけど、もうちょっとよく消化してから書きます。

若い頃の自分は、目上の人になつく、なんて考えられないナマイキで尖ったヤツでした。30くらいかな〜、サタリタくらいですかね。だんだん、自分の足らなさや青さや未熟さが身にしみて感じられるようになってきて(おそい…)、35こえてからは、すごい!と思った人には目上だろうが年下だろうが、率直に思いや感想をお伝えしたり、遠くからうっとり見たり(w)するようになってきた。そうなると、不思議なもので、こんな自分に対してもそうやってなにかしらの興味や好意を抱いて会いに来て下さる方が現れるようになってきた。まだまだだな〜とおもいますけど。


しあわせは あるいてこない
だから あるいていくんだよ



関連記事

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top