坐禅

翡翠輝子先生が、坐禅とのご縁について書いてらっしゃる中に、
不肖ワタクシ登場しております。
ありがとうございます m(_ _)m

○ さまざまな縁がつながり、坐禅を始める ⇒★

坐ると、いい意味で、いろいろなことがどうでもよくなります。まだ起こっていない出来事をあれこれ想像して思い悩むのは無意味。よくわからない人の気持ちをあれこれ妄想するのは無意味。争い?無駄無駄。悪意?知らん。勝手にどうぞ。そういう実りの無いようなことには関わりたくないな。人は人。好きにしたらいい。むちゃくちゃ煩悩だらけのワタクシですが、あんまり悩みはないかもしれない。ありとあらゆる煩悩も、目の前でちらちらと気になるあれこれも、いまこうやってるワタクシ自身でさえ、なにもかも、生じては消えていく泡であり、雪の結晶みたいなものじゃないのかな〜とおもうのです。ある意味、どうでもいい。でも、だからといって、いいかげんにあつかっていい、というわけではない。なにもかも、はかないものだからこそ、一瞬一瞬、ひとつひとつをだいじにしないと、とおもうのです。そして、実に不思議なことではありますが、うん。そうなんだ。どうでもいいよ〜♪とおもって手を離してしまえば、自分には必要ない人や事柄とは縁が切れて、新しいだいじな出会いが巡ってくるのだと、おぼろげながらに感じています。

関連記事
2014/02/16(日)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top