『氷雨』

前回のたりあさん=津軽海峡冬景色の話 ⇒★ を読んで下さった「子月+日」にお生まれの方から、さっそくメールを頂きました。
ありがとうございます!

「冬の海のたりあさんが『津軽海峡冬景色』なら、私は冬の雨だからテーマソングはやっぱ『氷雨』だねと、くちずさんでいたところでございます」

ふはははは!いいですね。「もっと酔うほどに 飲んであの人を忘れたいから〜」ですな。冷たくしっとりした雰囲気は、まさにでございますね。間違っても明るくさばさばさっぱりと!ではありません。水性は、そこはかとなくなんとも色っぽい♪

「外はふ〜ゆのあめ、ま〜だや〜まぬ このむーねーを濡らすよに…」ワタクシもつられて口ずさみつつ、ふと『氷雨』を歌っていた日野美歌さんを検索してみました。。wikiに出てるお誕生日はな、な、な、なんと…
1962年12月21日。どどーん。まさに冬至=子月のど真ん中あたりではありませんか。ということはもしかして、もしかして、もしかして?!

はやるココロをおさえつつ、命式を出してみましたよ。
はははははは。お約束のように「巳」の日でしたよ。(この方の場合は、年干も月干も壬なので、天干は全部水性。大洪水!ですね)

んまぁ〜、なんてことでしょう!まさにご自分自身を象徴するような歌に出会い、大ヒットを飛ばした、ということになるんじゃないんでしょうか? 命式の偏りは才能であり、偏っているなら偏りをそのまま活かせる環境を選び、偏りを生かす、というそのまんまだったんじゃないの?!と、想像が膨らみます。

どういう大運や年運の流れで『氷雨』の大ヒットに巡り合ったのか、非常に非常に興味津々で、調べてみたい気持ちがまんまんなのですが、いまからまた仕事です。これは自由研究の宿題だな。。。

関連記事
2014/02/22(土)
陰陽五行

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top