『春の手紙』

2014-02-26-01.jpg

梅が咲いた。

2014-02-26-05.jpg

めぐる季節を 私は見てる
心に芽ばえる 新しい春を待つように
<春の手紙>

2014-02-26-04.jpg

華やかさや艶やかさでは、桜に軍配が上がるのでしょう。
燦々とお日様が照る青空の下よりも、しっとりと陰りのある雪模様や早朝のほうが、きっと梅には似合っているのかもしれません。

「春の夜の 闇はあやなし 梅の花 色こそ見えね 香やは隠るる」
古今和歌集(凡河内躬恒)

関連記事
2014/02/28(金)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top