春タロット

春分の日ですね。
西洋占星術ではきょうが新しい年のスタートだ☆

春分の日生まれの素敵な女性が(はっぴーそーらーりたーん!おめでとうございます^^)、ご愛用のタロットを紹介して下さいました。タロットが大好きなんですって!(そうか〜。どうりでお持ちのデッキからもなんだかふわっといい香りがしてきそうな雰囲気でした♪)

彼女のリーディングをちらりと聞かせて頂いたのですが、的確にいろんな象徴をぱっとつかみとってくるような、とてもブリリアントなダイヤモンドみたいな雰囲気でした。なんとも素敵だったな〜〜〜。

ううう。いろいろ感じるところがありました。どうもここのところ、そういう丁寧さとか、「タロット愛!」が自分には欠けているんじゃないか…と、心の中で反省したのです。いかん。ただただ自動的に、右から左へ機械的に読んでるようなところがあるわ…と改めて自省。。。

というわけで、さっそく「タロット愛!」のご利益をお裾分けしてもらうつもりで、私も自分で買っちゃった。じゃじゃ〜〜〜ん☆

2014-03-20-box.png
Hanson-Roberts tarot deck

実物見せて頂いたのですが、初めて見るデッキでした。
「プロが使ってるのを見たことないんですよ」とのこと。

ちょっと小さいサイズなので携帯しやすいし、扱いやすい。色鉛筆?かな〜。ほんわりとした色合いが可愛らしい。ところどころ、ん???顔と体のパーツの大きさの配分が???とか、顔が左右違うよ???とかツッコミどころがいろいろあるのもご愛嬌。(ウラ面にコピーライトが印刷されてるので正逆がわかっちゃうのが難点、とのお話でしたが、あれ?これは絵の側にプリントされてます。きっと途中で変更されたのでしょうね〜)裏面の色も模様も素敵じゃありませんか〜♪ ただ見てるだけで脳内がぐにゅぐにゅしてきそうなかんじがいい!

2014-03-20-m.jpg

大アルカナ。どどーん。こんな雰囲気です。
女性がとにかく美しく描かれてるのがなんだかとても気持ちがいいです。特に女教皇と女帝はほーんと綺麗だな♪あとは、動物が可愛い。なんかこう、あれれ?というかんじのカードもあるけど、全体になんか愛が感じられるのがよかったな。

ニンゲンが大きく描かれていますし、表情が非常にリアルにきっちり描きこまれているので、良くも悪くも、結構なまなましいです。わかりやすい。自分の中にもいろんな感情が喚起されやすいデッキじゃないかと思います。(あ!これあの人に似てる!みたいな絵が何枚もあるんだよね〜〜〜)

小アルカナもご覧になってみます? いってみよ〜!
2014-03-20-wand.jpg
ワンドシリーズ。

ワンドの先には、お花が咲いてたり、つぼみだったりします。これがなんかすごくいい!ワンドに秘められてる生命力!みたいなのがとってもわかりやすく伝わってきます。「やっほー!」とか言ってそうなワンドのペイジ、箱のイラストにもなってるワンドのクイーン、表情がとても素敵です。

2014-03-20-swd.jpg
ソードシリーズ。

ライダー版準拠、ということで、ソードの国はここでも寒々しく殺伐としたカラーに彩られています。でもねー、意外と剣先が描かれていないので、他のデッキよりは「刺されてる!」「切られてる!」感は少ないんじゃないかという気がします。まぁソードなんで、切れ味よくってナンボ、ですけどね。

2014-03-20-penta.jpg
ペンタシリーズ。

黄色いね〜。豊かな感じ。ほのぼのした雰囲気のカードが多いです。「つまんない」といわれがちなペンタ=地のエレメントですが、このデッキのペンタの雰囲気はそんなに悪くなさそうだよ、というかむしろなんか微笑ましいぞ。ウサギを抱いてるクイーンは多産系ってことですね。いいね♪

2014-03-20-cup.jpg
カップシリーズ。

よーく見ると、あんまり水は直接的にたくさん描かれてないんですね。川は見えるけど、大海原とかは見えない。(個人的にはそれはなんだかとても好ましい)6では、水というよりお花育ててるカップだし。カップの中でうまく制御されてる水。全体的に水が育むもの、にフォーカスされてるように見えます。いいじゃん♪

使ってみた感想などは、また機会があったらレポしますね〜。


Hanson-Roberts Tarot Deck


※ 私はアマゾンで買っちゃったけど、それ以外のお店ではもっとお安く販売されているっぽいので、ご自身で探してみて下さい〜!

※ これまでに買ったタロットの紹介とかいろいろ書いてるのはこちら ⇒★

個人的には、わりと無機質な宇宙人みたいな色彩やデザインを好むので、ニンゲンが非常に小さく描かれてるデッキ、顔のパーツが描かれてないデッキ、みんな人間離れしてるデッキ、極端なのになると首無しニンゲンがいっぱい出てくるデッキ、などをいくつも持っています。

いまつかってる、アルフレッドダグラスのデッキなぞも、黙々とお仕事するには実に素晴らしいんだけど、全体にやっぱりなんていうか、ちょっとそういう非ニンゲン系の宇宙人ぽい、とでもいうような現実離れした不思議なムードが溢れてたりします。色彩も水瓶っぽいというか、実にニンゲンのねっとりした感情からは遠いかんじ。それが非常に好きなんだけどさ。

この、実に生のニンゲンらしいムード溢れるデッキ、試しにしばらく使ってみます。「たまき、はやくニンゲンになりた〜い!」ということで。はっはっは。
ご紹介下さったブリリアントレディ、ありがとうございました!


関連記事
2014/03/21(金)
タロットカード

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top