節入り「清明」〜辰月

2014-04-05-magnolia.jpg

いきなりまた寒いですね。。。
明日は荒れるらしいです。春の嵐ですね。

節入り前後は荒れやすい、という話をいつも思い出します。
きょう(4/5)は節入りでした。
清明(せいめい)は辰月のはじまりです。
清明は字の通り、明るく清々しい春の季節、を表します。

辰という字は、「震」であり「振」でもあります。もともとは「貝のヒラヒラが細かく震える」という文字でもあったようです。地面を震わすように、陽気が動く春爛漫の季節。植物はめきめきと伸びて成長を遂げるダイナミックな変化の時期です。

そこからも想像できるように、辰月や辰日生まれの人は、辰のごとく非常にパワフル。上へ上へと昇る龍のように、向上心旺盛で多少の障害などものともせず突き進む勢いの良さがあります。(みたいな話を、5/6の講座でしようかと思っていますが、そのまえに 4/13,15 の講座もただいま大募集中っ!⇒★

今年の辰月は「戊辰」ですから、天干も地支も土性の干支です。(かの有名な「戊辰戦争(ぼしんせんそう)」の「戊辰」と同じですね)「戊辰」というと、新緑に包まれた山々が連なっているような風景、が思い浮かびます。

辰は土性ですが、辰の中には水気もたっぷりと含まれています。(申ー子ー辰の三合水局)土性の地支はどれもその中にいろいろな要素を含み込んでいます。他の要素を全て含み込んでいる土性は、実に複雑なんですね。なかでも、辰は湿った土。万物を育む豊かな土です。

混沌とした土の中から、いったい何が生まれてくるでしょうか。

関連記事
2014/04/05(土)
陰陽五行

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top