とっておきの秘伝

2014-04-07-tokado.jpg

たまには役に立つことでも書きましょう。
とっておきの秘伝です。

題して、変顔ストレッチ。

「小顔うんにゃら」「造顔なんとか」みたいなテクニックは世の中に☆の数ほどいっぱいありますけど、顔面には毛細血管がたくさんありますし、なによりあまり皮膚を強く摩擦したり、過剰に刺激するのは望ましくないですよね。

顔面には、表情をつくるために数多くの細かな筋肉がたくさんあります。これらの筋肉がうまく協調・恊働することで、豊かな表用が生まれますが、たいていはみんな決まりきった部分しか使ってない。ですから、顔も凝りますし、決まりきった動きしかしなければシワもできやすい。困ったもんだ。

そうだ!だったら、手を触れずに、器具も使わずに、筋肉を遠隔操作すればいいじゃないか♪ それならお金も時間もかからない簡単安心であ〜る♪
ということで、究極のテクニックをご紹介しましょう。

思いっきり変な顔をありとあらゆるバリエーションで作ります。以上。

ぎゅぎゅぎゅーーーっとヘンな顔して、そのまましばらくキープ! 元に戻るとき、じわっと血液が流れるのが感じられたら最高です。凝り固まったほっぺた、おでこ、口の周りなどがじわーーーっと伸びるのが感じられたら最高です。

ストレッチの大原則は、大きな筋肉から動かすってことです。(体全体のストレッチなら、大腿部から始めると効率が良いですよ)顔面での大きい筋肉といえば、眼輪筋とか口輪筋ですな。

ぎゅーーーーっと目をつぶる。おもいっきり見開く。おもいっきり口をすぼめてチュー顏してみる。顎が外れそうなくらいに大口空けてみる。(う。。。まじで顎が外れそうである。。。)
左右不対称に、ひょっとこみたいに口を曲げてみる。斜め上を見てみる。顔の中心に全部のパーツを集めてみる。両サイドにそれぞれパーツを集める。下に集める、上に寄せる、などなど。なんでもあり!


フォームはなんでもいいですよ。とにかく「思いっきり」がポイントです。しばらくキープして、じわっと元に戻す。とにかく中途半端にやっても全然意味ないです。そんなんじゃダメ。誰も見てないところでやれば無問題。テレビ見ながらでも、お料理作りながらでも、お風呂の中でも、どこだっていいじゃないか。声出せる環境なら、同時に声出したらなおさら効きそうです。

「思いっきり変顔をキーーープ!」というのがポイント。

常に、どこの筋肉が引っ張られてるか、どこの筋肉が縮まってるかを意識すると格段によろしいですな。うまくやれば、頭皮も引っ張られるから首コリ肩こりにもよさそうだし、前頚部からデコルテラインも引っ張られるのでバストアップにも効きそうだ。ぜひお試しくださいまし。

私は毎日これやってます。キモチいいですよ。
顔は壮絶にこってます。顔も疲れるのだ。

今度このストレッチ講座を… って、そんなのするわけないじゃんwww ストレッチ系は、キモチいいかどうかはとても大事ですね。その快感自体が、ずっと継続するモチベーションになるから。

どうしてもよくわかんない、という場合は、ワタクシに会ったときに「こんなかんじ?」と変顔してみてください。いや〜〜〜ん、これでいいのかよくわかんない、という場合は、できる限りの思いっきり変顔なお写真を撮って、ワタクシ宛に送って下さっても結構です。が、その場合はサンプルとして、その変顔お写真はこのブログに載せちゃいますからねっ。
あしからずよろしく〜〜〜^^!!!



関連記事
2014/04/10(木)
日々のつれづれ

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top