相剋関係の研究☆

【 追記 5/30 10:30 】
6/10の講座を改題しました。
『十大主星の研究2〜相剋関係〜』ご予約受付中!⇒★

2014-05-25shiro.jpg

幸か不幸か忙しいです。いろいろ滞ってて申し訳ありません。

先日書いた「車騎×貫索」の話 ⇒★ ですが、おもいのほかたくさんのリアクションを頂きました。あれを読んだことで、おいで下さったお客さまもいらっしゃいました。ありがとうございます。

なるほどねーーー。みなさん、ああいうネタがお好きなんですね。そうだよね。ああいう話がウケるんですね。よし!それだったらあのシリーズを全部の組み合せで書くぞ!なーんてことすれば良いのかもしれないんですが… あれって、ふだんの鑑定で常日頃からふつうに喋ってることなので、なにかきっかけがないと、いちいちわざわざ改めてブログに書き起こそうという気になれませんのです。。。(サービス精神が無くてスマン。。。)

が、相剋関係についての理解はもの凄〜〜〜く重要なので、いちおうロジックは書いてみます。


○ 木剋土、火剋金、土剋水、金剋木、水剋火(どちらがどちらを剋すのか、必ずエネルギーの流れの方向をはっきり意識すること)
○ 陽×陽、陰×陰 の組み合せは激しく反応が起こる。(陰陽が揃うとバランスがとれる、というのは基本)

● 陽×陽の組み合せ
貫索×禄存(木剋土)
鳳閣×車騎(火剋金)
禄存×龍高(土剋水)
車騎×貫索(金剋木)
龍高×鳳閣(水剋火)

● 陰×陰の組み合せ
石門×司禄(木剋土)
調舒×牽牛(火剋金)
司禄×玉堂(土剋水)
牽牛×石門(金剋木)
玉堂×調舒(水剋火)

以上の組みあわせは、もれなく両立し難い葛藤をもたらす、と言えるでしょう。
具体的にどんな出来事を招きやすいか、どんなパーソナリティになるか、ひとつひとつご自分の言葉で考えてみて下さい。(この練習が私は大好きね♪一緒にやってみたい方は、鑑定でも個人レッスンでもご用命下さい)

特に中心星と隣り合わせで発生する相剋がいちばんわかりやすいですし、大きな葛藤になります。
いかなる場合も、必ず!!!どちらがどちらを剋しているか、をよく考えて下さい。たとえば、中心星が周りと相剋だらけだったらどうなるでしょう???(思考実験は、なるべく極端な例を想定するとわかりやすいです)

中心星が周りを剋しまくってるなら、自分基準、自分のあたりまえ、自分流を当然のこととして周りに要求したりしてませんか?
中心星が周りから剋されまくってるなら、ついつい自虐、負け癖、被害妄想、ネガティブ志向があたりまえになっていませんか?

そこに、ひとつひとつの星の意味を当てはめて、実際にどんな現象が起こるかをひとつひとつ考え始めると、あっというまに飛ぶように時間は過ぎていきますとも。それでいいのだ。おもしろいのだ♪

それから、剋されてるから悪いってことじゃないです。剋されてる=才能とみなすわけで、まったく剋されてない星は気ままでしつけがわるかったり、素行が悪かったりすることがあるよな、と私はおもう。そして、強く剋されている星がしっかりと陽転してる人をみるたびに、私はいつもタロットの「力」を思い出します。

あたりまえのようですが、自分のあたりまえは人のあたりまえじゃないです。これだいじね。



関連記事
2014/05/28(水)
算命学

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top