満月の翌朝

おはようございます。にわか朝陽ヲチャーのたまきです。
日の出にお目にかかれたのは約2週間ぶりくらい? (きのうの朝も快晴だったけど、きのうは死んだように眠りこけていて起きられなかったのdeath…)

2014-06-14-sunrise.jpg

ちらっとのぞいて光が溢れ出してくる瞬間!!!

あの神々しさとトキメキはとても写真には収まりきらないけど、でもやっぱり好き。個人的な好みは、圧倒的に朝日>夕日です。これ撮ってるのは4:30くらい。早いですね。

2014-06-14-moonset.jpg

振り向くと、しずしずと沈みゆく月。

太陽と月がオポジション(180度)=満月、ということがよくわかります。このときにはもう満月過ぎてるので、太陽も月も同時に観測することが出来ました。

ちなみに昨夕のようすはこちら。

2014-06-13-sundown.jpg

曇っていますが、夕方の西の空。
日没直前。18:45くらい。

2014-06-13-moonrise.jpg

東の空。まんまるな大きな月が昇ってきました。
19:15くらい。たぶん。
東京湾をはさんで、千葉の灯りもよく見えます。

2014-06-13-moonlitnight.jpg

それからこうなる。

街の光はキラキラと瞬いてうごめき、車の光は川のように流れて、飛行機の光は鳥のように飛び交うのです。街は生きて、拍動して、呼吸している生き物みたいだ。

こういうときは、とにかくとってももどかしい。もっとテクニカルな基礎だけでもちゃんと知って、思ったように形にできるように、もっと上手くなりたい。こういうときに身悶えするほどもどかしいのだ。。。

ちなみに、3枚目の夕日と、最後の夜景は、iPhoneのHDRモードで撮っています。ヘタなカメラでごちゃごちゃやるより、iPhoneで素直にそのまま撮ったほうが綺麗だったりするこのジレンマ…www

そして、最近圧倒的におもしろかったのは、これだ!!!

○ iPhone凄い!iPhoneで撮影された写真のコンテスト「iPhone Photography Awards 2014」受賞作品
http://www.danshihack.com/2014/06/12/junp/iphone-photography-awards-2014.html

すごい〜〜〜!ホントにiPhoneだけで撮ってるんですか?!
これは被写体が圧倒的に凄いんだよ… というツッコミはさておき…

「すごいーーーー!!!」「すてきーーー…」「カッコいい〜!」「素晴らしい〜!」と心が動いたときに撮ると、テクニック以前にまず、他の人のココロも動かすなにかが宿るのでしょう。

それをよりよい形にするには、知識とか訓練に裏付けされたテクニックもあるとなお良い、ということか。あ。これってどんな分野でも同じ原則ですね。好き!はだいじだけど、好き!だけじゃだめなんだ。

あー。ねむい。誘惑に負けて二度寝します。
おやすみなさい。。。zzz
関連記事
2014/06/14(土)
天文現象

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top