拝啓、カニ子さま

P6180076.jpg

蟹座木星シーズンもそろそろフィナーレですね。
いかがお過ごしでしたか?

昨年春頃から私は、蟹木星シーズンに向けてわざとカニカニしいことにチャレンジしよう、と決めておりました。さいしょから意図していた訳ではなかったけれど、ちょうど和太鼓関連で「仲間だね♪」「家族みたい♪」的なご縁がたくさんできて、それはそれはカニカニしい1年となりました。お仕事としては、「この1年、カニ関係の方がたくさんいらして、いろんなカニカニしいできごとがありました。。。」と、蟹座クイーンのまつい店長に先日お話ししたところでございます。

蟹は水のサインで活動宮。周囲に共感を求めて、自分のテリトリーの中を活発に動き回る。基本的には固い甲羅に覆われて用心深く防御的ではあるけれど、立派なハサミも持っているので、ひとたび敵を見つけたらものすごくアグレッシブなところもある、とおもいます。

きのうおいで下さった方のおひとりは、やはりカニ子さんで、司禄星をたくさんお持ちの方でした。すこしはにかみながら「自分がつい押し付けがましくなりがちで、それが迷惑になることもあると思うので、できるだけ控えめにするように心がけている」と静かにおっしゃっていました。なるほど。そこからもじわじわとにじみ出てくる豊かな感情を湛えたお姿は、とても愛らしく素敵な女性だとおもいました。

司禄とか禄存がたくさんある=命式の構造上、財気をいっぱいもってる、ということ。自分がコントロールしなきゃならない(もしくはしたくなっちゃう)対象がいっぱいある、ということ。それは単純に財産が多い(もしくはぜんぜんない)こともあるだろうし、財産ではなく愛情として出て来て、相手に尽くしたい、役に立ちたい=そんな私を愛して!的な形がtoo muchなくらいにでてくる、とおもわれます。

身近なパートナーやお子さんだけに愛情を注ぎまくって、よくいえば昔ながらの良妻賢母だったり、いわゆる「重い女」タイプになるか、ありあまる愛やサービス精神を広く世の中にアピールして人気者になったり、事業を切り盛りしてたくさんの財を築いたり。いろんな使い方がありますよね。なんにせよ、ご自分が抱えているtoo muchさに気がついて、それをどんな形でいかに昇華していくか、が分かれ目であるようにお見受けします。

おっと。脱線しました。話題はカニ子さんについて、ですね。蟹座優位のみなさまについて、山羊座天体をたくさんお持ちの地と火の女王様である八雲あかねさんが、記事をUPされていました。そうそう。わかるわかる!と首がもげるほど頷いたワタクシです。ぜひご覧になってみてくださいまし。愛情たっぷりの蟹アタックにたじたじしている山羊+獅子のあかねさんのお姿がありありと目に浮かぶようです。

星の万華鏡『愛したい愛されたい』 ⇒★

img_2.jpg

そういや、ゲーセンにあったカニカニパニック、難しかったよなぁ…
段差があって、真ん中にカニが隠れるゾーンがあるので超絶難しい。
私は平面的なワニワニパニックのほうを好んでプレイしたものです。

関連記事
2014/07/03(木)
西洋占星術

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top