火と地

先日の火曜トナカイ、ミズマチユミコ先生がお立寄くださいました。固定宮クイーンのミズマチ先生を、maruさんと私の柔軟宮コンビがみちみちと拝見させて頂きましたよっ☆ さっそくレポ頂きました。
ありがとうございます m(_ _)m

『柔軟宮にやわらかくしてもらう鑑定』 ⇒★

ミズマチ先生は、西洋占星術で言えば「地」と「火」で構成されてます。(先日の八雲あかねさんも同じタイプですね。水っぽいのが苦手〜!とお二人ともおっしゃる)

「地」の性質は、目の前の現実を重視して物質的な安定性を求めるけど、「火」にとっては、いまここではないどこか!への憧れとかロマンとか生きてる充実感がなにより大切。ということで、なかなか両立しないエレメントなわけです。ユング的な四分類に当てはめると、「地」は感覚、「火」は直観とも言われます。

火と地の葛藤をはたからみてると「安定して稼げるって凄いことじゃない?!え?でもおもしろくないとイヤなの?んーーー。欲張りさんだなぁ〜。それを両立させるのはかなりの難題だのぉ…」なーんって外野としては感じます。
ちょっと引用してみましょうか。


占星学 新版 (リズ・グリーン)



+++ +++ +++ +++

相手の頭が余りに混乱していて非現実的だとか(火)、考え方が狭すぎて週間に縛られている(地)と非難するなど 〜中略〜 地はいつも火の後始末をさせられてるように感じる傾向にあり、火は自分にとっては些細でどうでもいいようなことで地からうるさくいわれ、非難されているように思いがちである。〜中略〜 地は将来、安定する為の保障を求めるのに対し、火は人生を安定したところなどないギャンブルのようにとらえており、生きる上での本当の喜びは、創造的にその変化に沿って進んでゆくものだと考える。

+++ +++ +++ +++

ふむふむ。知覚の仕方がぜんぜん違うベクトルなんですね。目の前のものをきっちりと正確に感知する感覚と、遠くのものをぱっとつかみとるように全体的に感知する直観は両立しない、とも言われます。

といっても、火と地を「ドライ」、水と風を「モイスト」と分類する考え方もありまして、そこでは「火」と「地」は乾いて他とは区別されて独立したがる、という意味で同じ仲間にもなったりします。水とか風は、感情とか情報を他者とまぜまぜして交換したがる、ということなんでしょうかしらね、たぶん。(水と風の対立の話は、これだけで延々と書けるからきょうは省略っ)

で、面白さを取るか、着実さを取るかと、究極の選択をするよりも、おもしろくて(火)、着実に儲かったら(地)そのほうがずっといいですよね。たぶんそれは、あんまり人から共感されたり理解されたりすることのない独立独歩の道(ドライな性質だからさ)なのでしょうけど、いいじゃないか。それはとてもカッコいい♪
関連記事
2014/07/04(金)
西洋占星術

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top